副作用の内容|その抜け毛、ミノキシジルで解決だ!副作用も押さえて安全に使おう

副作用の内容

頭皮を気にする男性

抜け毛を解消する成分として画期的な効果を発揮するミノキシジルですが、この成分にはいくつかの副作用が存在します。その副作用は、多くがミノキシジルの効果ゆえに起こるものであるとされています。そう、ミノキシジルの「血行促進効果」が、さまざまな副作用をもたらす可能性があるのです。

ミノキシジルの血行促進効果は、血管を拡張することで行われるものです。
細くなってしまった頭皮の血管を広げて血液量を増やし、新しい髪の毛を生やす栄養素を増やすのが目的ですが、血管が広くなるということは普段よりも多くの血液が必要になるということで、その分だけ心臓に負担をかけることになってしまいます。心臓は血液を体内に送り出す働きを持っていますが、頭皮の血行が促進されるとその働きをもっと強く!と求められることになってしまいます。その結果、心臓の動悸が激しくなり、胸がすこし圧迫されているような不快感を覚えることになってしまいます。
また、血管が広がって太くなることで、頭皮の神経管を圧迫して刺激し、そのことが原因で頭痛が発生してしまうことがあります。
あるいは、頭皮以外の部分の血行も少なからず促進されるため、髪の毛だけでなく体毛全体が濃くなってしまう、という副作用も報告されているようです。
副作用は、ミノキシジルの量が多すぎるとそれに比例して重くなる傾向にあります。「使い過ぎないこと」をまずは心がけることで、副作用を抑えることができるのです。